新人キャバクラ嬢と仲良くなるために重要なアフターについて

キャバ嬢とある程度親密になることができたら、始めの一歩として、 その娘と一緒に『アフター』をしましょう。
「アフターだったら、別に親密にならなくてもできるんじゃない?」と思われた方もいるかもしれません。
ですが、『アフター』は文字通り「キャバ嬢の仕事終わりにプライべ一卜で一緒に遊ぶ」ことです。
仕事が終わってクタクタになっているときに、わざわざ休む時間を削ってまで、それほど仲良くない人と遊ぶキャバ嬢がどこにいるでしょうか?

キャバ嬢に限らず、一般の方でもそういうお人好しさんは中々いませんよね。
そのため、高確率でアフターに誘うためには、キャバ嬢と友達程度の関係になっておく 必要があります。
だからこそ、「ルーキー嬢と親密になる」ことが非常に重要な意味を持つのです。

ここでは、「アフターするための誘い方やそのシチュエーション」などを詳しく解説させて頂きます。
基本的にアフターは、ある程度仲が良ければ一緒に遊んでくれますが、こちらでは「あなたの誘いを、より確実にするためのテクニック」を述べていきます。

アフターは『プライべ一卜』か 『営業』か

ル一キ一嬢によって、『アフター』の定義は「仕事外」か「仕事内」に分かれます。 前者はアフターを、純粋なプライベー卜の時間として考えていますし、ルーキー嬢に多い傾向があります。
後者はリピータ一を増やし、指名を獲得するための『営業』と考えており、売れっ子嬢 やベテラン嬢に多い傾向があります。

そのため、アフターの誘いやすさも、キャパ'嬢のタイプによって違いが生じるのです。
「純粋に遊ぶ」ことだと考えている女の子であれば、あまり仲が良くないお客さん、嫌いなお客さんとのアフターはしない傾向があります。
その理由は冒頭でも述べましたね、要するに「嫌いなヤツとは遊びたくない」という,ごく当たり前の心理です。
その反面、アフターを「仕事の延長上」と考えている女の子であれば、必然的に成功率は限りなく高くなります。
よほど嫌われていない限りは、ほぼ確実にアフターの誘いに付き合ってくれるでしよう。
ぶっちやけた話、
「金を落としてくれれば誰でも良い」
という気持ちがありますからね。

そのため、事前に狙った女の子がアフターを「どう捉えているか」がわかれば、 誘った時の成功率もおおよそ判断することができます。
初心者を装い、「アフターってよくわからないんだけど、どういうシステムなの?」 「アフターって結構行くの?」などとさり気なく聞くことで、女の子のアフターに対する価値観を知ることができます。

この初心者を装うというのがミソです、なぜならあなたが百戦錬磨のオーラを出している場合は、必要以上に警戒されてしまうからです。
また、言い方は悪いですが、キャバクラ初心者は「苦労せずにお金を引っ張れる」ため、 その分アフターの成功率も高まります。

たとえ相手がアフターを『営業』として考えている女の子であっても、その娘と一緒にいる時間を作ることは非常に大切です。
むしろ、アフターの回数をこなしていくうちに、「営業」から『プライべ一卜』へと 変化することも十分にありえます。
『アフター』は、キャバ嬢と付き合うための最初の一歩なのです。

キャバ嬢を誘うならメール、それとも電話がいいの?

結論から言うと、誘いやすい方法は「直接>電話>メール」です。
つまり、メールでの誘いはあまり強い効力を持たないということになります。
まず、基本的にメールは「いつでも読める」ため、女の子にとっては「それほど重要ではない」というイメージを抱かせてしまいます。 そのため、メールでの約束は反故されやすいのです。
やはり一番良い誘い方は「直接会って、要件を話す」ことでしょう。
女の子としても相手が目の前にいますし、「早くどうするか決めなきや」という気持ちも徐々に強くなっていきます。
そのため、返事が「YES」であれ「NO」であれ、どちらにしろ結論を早く出してもらい やすくなります。
また、常識的に考えてみても、「重要な話」は直接相手に会って題を見ながらしたいものですね。

このページの先頭へ