警戒心の強い新人キャバクラ嬢をアフターに誘う方法

『ル一キ一嬢』の中には、非常に『警戒心』が強く、 「アフターには行きたくない」という女の子もいる場合があります。
基本的にそういう娘は、「1対1」で遊ぶアフターに誘ったとしても、決まって良い返事はもらえません。
軽く流されるか、やんわりと断られてしまう場面が目に浮かんできます。
ですが、逆に言えば「『1対1』でなければ0Kがもらえる」という可能性が高いということでもあります。
つまり、あなた1人に対して、その女の子の友達も一緒にアフターに連れていくなど、 その娘が信頼できる人を連れていくことで、警戒心を解くことができるのです。

あなたは1人、それに対して相手のキャバ嬢は複数人となれば、こちらが不利であることは明白であり、警戒心を抱く余地はありません。
むしろ、こちらが警戒することになりそうですね(笑)
つまり、警戒心が強い女の子に対しては、
「〇〇ちゃんの友達も呼んで、皆でご飯食べに行かない?」
 などと言えば、成功率は非常に高くなります。

「友達」(フレンド)を使って「警戒心を解除する」というのは、「警戒心が強い女の子には友達も一緒に誘う」という意味なのです。

アフターでは下心は出さない

『ルーキー嬢』は、「純粋な娘が多い可能性が高い」です。 キャバ嬢に限らず「普通の女の子」であれば、下心がミエミエな男性は『恋愛対象』として見られる可能性は低いでしょう。
まあそれは自然なことと言えますし、下心を前面に押し出している人は、
「女の子自体ではなく、その娘の体が好き」
だということを自分から告白しているものですからね。

アフターは「付き合う前の始めの一歩」でもありますし、そこで転んでいたのではお話になりません。
下ネタを乱発するような娘であれば、話を合わせるためにそういう話題にするのも効果的ではあります。

ですが、そのような女の子以外に対しては、基本的に「下ネタは封印したほうが懸命」と言えるでしょう。
ごくまれに、アフターでキャバ嬢がお客さんと親密な関係になることもあるそうです。
ですが、そういったケースはそのお客さんのことを本当に好きであるか、女の子の体を武器に指名を獲得する、たんなる『枕営業』のどちらかです。
たんなるとは言ったものの、体を張ってまで指名を獲得しようという精神は、本当に尊敬するべき部分があります。
いずれにしても、そういうことは滅多にありませんし、下心を出すのは「かなり親密になってから」でも遅くはありません。

キャバクラ嬢を95%の確率でアフターに誘う方法

あなたは、『アフター』の約束を、「どんなキャバ嬢でも、9 5%取り付けられる方法がある」と聞いたら、どう思うでしょうか?

「そんな都合のいい方法、あるわけないじゃん!」
そう思うのもごく自然なことです、なぜならそれはまさに夢のような方法なのですから。

ですが、その方法は実際に存在しているのです。
それが、これからご紹介させて頂く『戦略』です。

『キャバ嬢』を9 5%アフターに誘うことができる、その秘密とは?
それは、「女の子のラス卜まで一緒にいてから誘う」ことです。
来店時間は、ラス卜の3時間ほど前がベス卜と言えます。
また'事前に「〇日に〇時くらいからラス卜までいるから、その後ご飯でも食べにいかない? などと言えば成功率はさらにアップします。

お金を節約したいのであれば、ラストの1時間前に行くべきですが、それは『女の子』 に対してケチな印象を与えてしまいます。
もちろん、ある程度親密になっているのであればその限りではないですが、この方法は 「ラス卜までいるからアフターも付き合え」という多少強引な方法ですので、礼儀として多少の時間は店で遊んでおくべきでしよう。
ですがそのかわり、『95%』と非常に高い成功率を誇ります。
なにしろ、女の子側としては「私のためにラストまでいてくれるのだから、アフターも付き合わなければならない」という義理心が芽生えますからね。

人の心を持っていない「魔性の女」は別として、ほとんどのキャバ嬢がアフターに付き合ってくれる非常に有効なテクニックです。
ですが、そのぶん投資金(ラストまで店にいる料金)がかかりますし、アフターの飲食代のことも考えなければなりません。
成功率の高さと使うお金を天秤にかけた上で、実行するかどうかを決めてくださいね。
もちろん、先に親密になっておけば、「時間はかかるが、事前にお金を使うことなくアフタ一に誘う」こともできます。

このページの先頭へ