ドライブデートで失敗しないために知っておくべきポイント

けっこう地方とかだと初デートでドライブっていうのも多いですよね。
都内で車っていうのはあまり無いかもしれないけど。

僕が良いな~って思うのは、あのさんまさんとキムタクさんが一緒に出てる特番のヤツ。二人でドライブするでしょ。
あの曲のチョイスの感じとか、ゆるいトークとか。
まさにいい勉強になるなっていう感じだと思うんです。

でね、このドライブデートって、すっごい女の子のレベルが分かるって知ってました?
モテ女子レベルになると、ドライブっていう時点でアメとかガムとか用意してて、眠くならないように準備してくれてる。
で、渡すときもちゃんと包装紙を取って渡してくれる徹底ぶり。

これはかなり気遣いも出来て、彼女にしたら間違いなく素晴らしいと思える女性です。
逆に、何も言わず横でグーグー寝るような女性はちょっとパスかも。
もっとひどいと、渋滞やら前の車やらに文句を言い始める。これはナイなぁ・・・と思う瞬間です。

ここではいくつか、ドライブでありがちなシチュエーションを元に、成功、失敗の分かれ道を検証しておきます。

BGM の失敗例、成功例
ドライブといえば、やっぱりBGM で悩む人も多いと思います。
でね、僕が思うのは彼女にも持ってきてもらうのが良いと思うんです。
そうすれば、お互いに好きな音楽を聞きあいこして盛り上がれると思います。

ここで注意が必要なのは、あなたが思いっ切り個人的趣味に走った曲を流さないこと。
アニソンとか、ゲーム音楽とか、彼女が聞いて「???」ってなる曲は避けよう。
自分の好きな曲と言いつつも、彼女を意識した選曲をしたほうが「趣味が合う~!」って喜んでくれる。

渋滞の失敗例、成功例
渋滞でイライラする人っているよね(笑)
まぁ、気持ちは分からないでもないけど、イライラしてもかかる時間は同じなんだからいつもより長い時間一緒にいられるって考えよう。どうせなら楽しい空間の方が良いよね。

でね、できれば「ゆっくり話しながら行けってことかな(笑)」とか、のんびり構えてここで男としての器を見せたほうが絶対に良い。間違ってもイライラして舌打ちとかしないこと!
しかも、「おっせーなー」とか。
自信と余裕のない男の人には、女の子はついてこないですからね。

例えば車の運転をしてても、僕はすっごい安全運転だし。舌打ちもしないし、文句もいわない。
渋滞も楽しもうと思ってます。その方が絶対に良い。

彼女が眠くなってる時の失敗例、成功例
まず眠くなってる時点でつまらないんだと思って少し反省しましょう。
でも、疲れててどうしても眠くなることもあると思うんです。
そういう時には、「寝ても良いよ。」と言ってあげましょう。
ただし、「もし俺が眠くなったら起こして良い?」って約束しておいたほうが良いと思います。

女の子も寝ちゃダメだ・・・と思っています。そこで寝ても良いよと言われても、なかなか素直に寝てしまえとは思えない人も多いんです。寝て良いというのは優しいなとは思うんだけど、そうもいかないのが女の子の本音だと思います。

そういう時に、寝てもいいけど条件付きっていうことにしておくと、じゃ、困ったら起こしてね、という感じで女の子も気兼ねなく寝られますよね。
こちらもひたすら寝られると、せっかくのデートなのに寂しい思いをすることになる。
だから、起こすこともあるよと先に言っておいた方が良いです。

ポイント
・BGM はお互いの好きな曲を聴きあいこして盛り上がると良い
・渋滞の時こそ男気を見せる瞬間だ
・彼女が眠くなったら、条件付きで寝かせてあげよう


女の子とデートでボディータッチは効果的なのか?

よく、女の子の雑誌なんかで“小悪魔テク”って感じでボディータッチをしろ!みたいに書いてあります。
男性向けの雑誌でも、女性からボディータッチをされると「気があるのかな・・・」と思ってしまうという意見が多数見られるように、ボディータッチ=好意という感じで考える人も多いみたいですよね。

ただ、女の子の場合は、大して気もないのに相手をその気にさせるためだけにボディータッチをしてくる場合もあるから要注意です。
とはいえ、やっぱり触られると男はつい「俺に気があるのかな・・・」って思っちゃいますよね(笑)

じゃ、逆に男がスキンシップを図ったら、女の子が「私に気があるのかな」って思ってくれるかどうかですが・・・。
人間にはパーソナルスペースっていうのがありますよね。どのくらいの距離でいると居心地が良いかっていう。
で、親しい間柄なら近づいても気にならないけど、そこまで親しくない人が必要以上に近づくとかえって居心地が悪くなったりします。

だから正直これは、危険だなぁと思います。僕は得意なんだけど(笑)
女の子の扱いに慣れていない場合は、いきなり触っちゃうと結論が真っ二つに分かれちゃうと思うんです。
「あ、いやじゃない」ってドキっとするか。「ちょっとヤだ~」ってイラっとするか。
うまく触る方法なんて、そうそう簡単じゃないと思うので、まずはむやみにボディータッチしない方が僕は安全だと思ってます。相手の出方が分かるまではね。

最初のデートで手をつなぐ程度は良いのかなって思うかもしれないけど、手を繋ぐっていうのも、僕は無いです。危険過ぎる。

逆に、ボディータッチはバロメーターとして考えた方が良いんじゃないかな。
例えば、女性がボディータッチが増えたら、心を許してるとか。
自分に好意的になって欲しくて触ってきてるとか。決して悪い感じじゃないと思うんです。
あくまでも相手の気持ちのバロメーターで、自分からはやらない。
触ってどうにかしようって、そういうのは紳士じゃない気がする。
誰にでもやってる感が出ちゃうし。

特にもし飲み会とかで知り合ったとか、コンビニだ何だで知り合ったとしたら
そういうのに慣れてる感がでるのが一番NGだから。
それだったら、そういうスキンシップをとろうとするよりは、向こうが取ってくれたら自分のレベルが上がった、距離が近づいたと思った方が良い。

女の人って生理的に受け付けない人とか(まあそんな人とご飯には行かないと思うけど)、途中でテンション上がってないと絶対にボディータッチはしない。
だから、ボディータッチをしてくれたら、ちょっと前に進んだと思いましょう。

で、向こうがしてきたなら、こっちも2軒目くらいから少しだけ解禁にしましょう。
お酒も入ってて雰囲気が良かったなら、軽く触る程度ね。

だいたい、初めていく食事で、初めて二人きりっていう状況で、あんまり女性の体にベタベタ触らない方が良いと思います。基本的には触らない方向で。
ま、居酒屋のカウンターとか焼鳥屋だったら、距離が近いからうっかり当たっちゃったっていう事故程度のボディータッチは起こりうるよね。

それでも、やっぱりボディータッチの先行は絶対女性にしよう。女性がしたらOK という順番ね。
女性から一回もボディータッチしてこなかったら、自分から絶対しないこと。
ここは男性と女性の大きな違いです。
男性は、女の子に触られたらちょっと嬉しいことの方が多いと思うんだけど、逆に女性の場合は、ちょっと嫌なことの方が多いんです。
だから、親しくなる前は危険行為になるから、むやみに触らないこと。注意してくださいね。

ポイント
・女の子からのボディータッチは良い反応と考えよう
・こちらからは触らないようにしよう
・相手が触ってきたら、軽く触る程度ならOK


このページの先頭へ