どのくらいメールでやりとりすれば女の子をデートに誘っていいのか

デートに誘うタイミングって難しいという話をよく聞きます。
できればそんなに難しく考えないで欲しいと思うんだけど、セオリー通りに話が運ばないとデートできないって思ってる人が多いと思うんです。
だから僕はあえて、○回メールしたから誘いなさいっていう話はしないつもりです。
タイミングが合えばデートしてみた方が良いし、それは彼女の態度次第と思うんです。

ただし!!
早めに誘った方が良い。
最低でも必ず1ヶ月以内にデートに誘うこと!!

できれば、彼女とメールのやり取りとか電話で話をしてて、盛り上がった時に勢いで誘っちゃった方が良いです。
ベターに分かりやすいのは、相手も砕けてくるとデコメ(デコメール)使ってきたりとか。
絵文字が増えてきて、今度はデコメールになって「このデコメ面白くない?」とか送ってきてくれたり。

どうでもいい内容を送ってくるようになったら、誘ってみましょう。
最初ってやっぱり、女の子もこっちに警戒心を抱いてるから「ん?どういうメール送ろうかな?」とか考えて、内容のあるメールを送ってきてるんです。
それが、「ねぇ、この写メ面白くない?」とか、どうでもいいこと。
「今日、○○食べたんだけど、美味しくないね、アレ」とか。
「最近○○流行ってるけど食べた?」とか。

何でもない砕けたことを女性がメールしてくるようになった時に、話題を作ってデートしてください。
メールだけの期間も実は長過ぎると女性が飽きます。

だから、女性がテンション上がってきてメールしてきた時とかに電話で返すのもポイント高いんですよ。

女性が「こんなことあったんだけど~」ってメールして来たら電話をかけて「ちょっとちょっと何?今電話できんの?何何、その話」って乗っかってあげて、その勢いでデートに誘うのもポイント高い。

ここで少しおさらいなんですが、メールって、何のために必要か考えてみましょう。
僕が思うに、メールでデートには誘わなくても良いんです。

メールには次の4つの役割があると思うんです。
・相手のボルテージとか、自分との距離を測るものさし
・次にその子に会った時に「あのメールで書いてあった○○って・・・」という話題作り
・お互いの価値観を合わせておく
・相手に安心感を与えるため


この4つがメールの役割だと思うんです。だから、だんだん彼女との距離が近付いてきたら
つまり、彼女が気楽にメールを送ってくれるようになったら、電話してください。
で、彼女の話に乗ってあげて場を盛り上げましょう。
その勢いで「あ、じゃあさ今度行ってみない?」とか誘ってみるとOKされやすいです。
だから、どのくらいメールのやり取りをしたか云々ではなくて、どのタイミングで誘うか。
そして、そのタイミングをどう作るかが重要です。

ポイント
・女の子が気楽に連絡をしてくれるようになったら誘うこと!
・その女の子との距離を測るものさしがメール
・回数ではなくタイミングが重要!それは彼女の話に乗れば自分で作り出せる!


昼過ぎにデートに誘うことで相手の好き度がわかる

「デートしよう」という誘い方はタブーです。
他にも
「今度の休みに○○に行こうよ!」とか
「ちょっと△△行かない?」とか。
これじゃ軽過ぎますし、唐突過ぎますよね。
ちゃんと誘う名目があった方が良いです。それは何でも構いません。
自分が行きたい場所でも、彼女が行きたいと言っていたから、でも。

デートに誘うなら、ポイントがあります。
「○○の映画見てみたいんだけど、一緒に行ってもらえますか?」というふうに、一緒に行ってもらえる?という誘い方が紳士的です。

行こうとか、行かない?など、一方的な誘い方ではなくて「一緒に行ってもらえる?」とあくまでもこちらの都合につき合ってもらう、というスタンスの方が彼女もOKしやすいでしょう。
なぜなら、ただのお誘いではなく、プラスお願い(=依頼)の要素もあるので、彼女が「断ると悪いな」と思いやすいからです。
これがただの「行かない?」という誘い方なら、「行かない!」と答えやすいです。

それから、もう一つポイントがあって、これまで彼女とやり取りをした中で彼女が好きそうなもの、興味のありそうなものをリサーチしておいて、それに基づいて誘うというのも良いでです。

例えば、彼女が見たいと言ってたイベントがある時とかに
「そういえば今度の休みの日じゃない?もし良かったら一緒に行かない?」とか。
他にも、彼女がアウトドアなタイプだったら
「○○に良いランニングコースがあるらしいよ。行ってみない?」とか。

もう一つ、とても大切なことがあります。
普通の朝起きて夜寝るタイプの女性なら、デートに誘うのは必ず昼過ぎ。
ランチを一緒にするくらいの時間帯が望ましいです。


じゃ、これはなぜ昼過ぎなのか?
実は、彼女と自分との距離を測る物差しになるからです。
例えば昼からデートをして夕方、「良かったら夕食も一緒に食べる?」って聞いてOKなら彼女も一緒にいたいってわかりますよね。
でもそこで「遅くなるから・・・」って言うようであれば、まだそんなに深くないって分かります。

逆に、夕食も一緒に食べて、お酒も入って20時頃に、一度「時間大丈夫?」って聞きます。
ここも一つの物差しです。そこでも「あ、私はまだ大丈夫だよ」と言うようであれば、かなり良いです。
門限のある女性の場合は別ですが、そうじゃない限りは、あなたと彼女の距離のバロメーターになるから、ここは昼から会って様子を見てみると良いでしょう。

ただし、最初のデートで朝まで過ごす、なんていうのは避けて下さいね。
軽い男だと思われますし、最終的にその子に告白する、なんて時に裏目に出ます。
いきなり酔わせてどうこう、というのはやめましょうね。
あくまでも、最初のデートで彼女に印象付けたいのは「優しい」「紳士的」「この人なら安心だ」の3つです。
話がかなり飛躍しましたが、デートに誘うなら昼間にしておきましょう

ポイント
・一緒に行ってもらえますか?という依頼をしてみる
・デートに誘うなら、昼過ぎがベスト。いきなり夜は避けましょう
・優しい、紳士的、この人なら安心だ、という3つの印象を残そう!

このページの先頭へ