1回目のデートで親密な関係になった場合の対処法

2回目のデートで彼女の家に行くとか、自分の家に呼ぶとか、そういう流れになることもあるかもしれません。
社会人ならあまり自宅に呼ばない人もいると思う。
実家暮らしだったりすると、なおさら家には呼ばないです。

でも学生とか一人暮らしで、どこか行くより家で料理作るとか、一緒にDVD 見るとか、そういう流れになることもあると思うんです。
そもそも、お互いの自宅を男女の関係で行き来してたら、それはもうかなり脈アリだと思うんですが。

でも、僕が思うに、家に呼んで手を出さないのがカッコいいです(笑)
向こうがそういう雰囲気になって、ちょっと電気を暗くしたり、お酒に酔ってそういう気分になったり、もう終電終わってもいたり、そういうモードだったら、それに応えてやるのが男だと思うけど。
そうじゃなくて、健全に楽しんだなら、初めて家に来てキスだけで終わるというのもカッコいいと思うよ。添い寝で終わるとか。
はい!痩せ我慢の美学ですね(笑)

本音とは違うところで、男らしく我慢することも重要。それがモテの美学だったりします。
例えば、飲んでて終電を気にしてあげたりとか、こういうシチュエーションであえて手を出さないとか。

でもね、そうやっておくと、実は恋愛って続くんですよね。
だから言い訳しながら戦いましょう。大切にしてるからって。
添い寝って・・・(笑)
生殺しですよ、ホント。

じゃ、向こうが求めてきても我慢しなきゃいけないのかっていうと、そこはいきましょう。
相手が求めてるのに応えないのは、男として良くないと思うんです。
女の子が恥ずかしい中で頑張ってくれてるんだから、応えてあげないと。

でももしそうなった場合は、
「俺たち、ちゃんと付き合おっか」ってそこで言うのがカッコいいと思うよ。
今の、この乱れた恋愛事情の中で硬派に行くのが、むしろカッコいい。
そこで女の子に「えー!?じゃあやめとく!」って言われたらショックだけどね(笑)
「おいおい、帰れ!」って思わず言っちゃいそう(笑)

親密な関係になるなら真剣に付き合おうって、こっちは言ってるのに「じゃあやめとく」って女の子に言われたら、相当ショックですよ。
ショック~。相当萎える。色々(笑)

そんな特殊なケースを除いて、たいていは喜んで付き合ってくれると思うんです。
既成事実を作ってどうにかしてやろう的な発想は間違ってるけど、自然とそういう関係になってもし親密な関係になってしまったのなら、もうその段階で付き合おうって話をしておこう。

僕は、成り行きで男女の関係になるのはアリだと思ってます。
軽い気持ちとかじゃなくて、いずれそうなると思ってたなら、話が前後しても良いと思うんです。
受け入れてもらえる、っていうか、しようとしてくれてるんなら、それはもう最大のGO サインだと思って。
逆に、そういう雰囲気にならなかったのなら、無理矢理手を出すんじゃなくてヤセ我慢してここは耐えましょう(笑)
この時の我慢が「お前のこと大切だったから・・・」っていう最後の告白で効いてくるんです!

ポイント
・むしろ、あえて手を出さないというやせ我慢の美学を知ろう
・女の子がその気なら、応えてやるのが男だ
・手を出す前に、ちゃんと付き合おうって言ってあげるべし

このページの先頭へ