合コンや飲み会の後、1通目のメールを送るタイミングは?

どのタイミングで1通目を送るのがベストなのか?
女の子にアドレスを聞いてから、いつ1回目のメールを送るのか?というところは悩みますよね。
「彼女からメールが来るのを待ったほうが良いのですか?」
という質問もよくもらいます。

でも、彼女から来るのを待つのは絶対にNG!
ここは男らしくこちらからメールをしましょう。

じゃ、一体いつ彼女にメールを送ったらいいのか?というと・・・
必ず、次の日。
当日だと、飲み会なんかだと夜遅い可能性もありますよね。あまり夜遅くにメールするのもね。

じゃ、何で3日後でも1週間後でもなく、『次の日』なのかというと。
もしかしたら他の男もその子を狙ってるかもしれないから。

もしそいつが先にアクションを起こしてガンガンメールしてたら、後から送った自分は何となく“ついで”みたいな扱いになっちゃいます。
だから、アドレスを聞いたなら、必ず次の日にメールを送ってみること!

で、その送る時間帯なんかは事前に聞いておくといいです。なぜなら人によってメールのやりとりをする時間帯はバラバラだと思うんです。
昼休みが良いって人もいれば、19 時くらいが良いって人もいるし、23 時以降が良いって人も。
だから、その子に合った時間帯にメールを送ってください。
そうすれば、返事が来なくてヤキモキしなくても良いですし、こちらもサクっと返事できます。
でもね、いざメール送ろうとすると、なかなか勇気が出ない人もいると思うんです。

そんな人に知っておいて欲しいのは、メール送るのはマナーってこと。
そもそも、自分からアドレスを聞いておきながら、メールをしないというのはかえって失礼だと僕は思うんです。
少なくとも、女の子だってアドレスを聞かれて教えた時点で、「メールくれるのかな」って思ってるはずです。それがすっごいワクワクではなかったとしても、頭のどこかで「メールくれるんだろう」と思ってます。
その期待を裏切っちゃいけない。

しかも、最初のメールが遅くなると、何だか思い出したようにメールしてきた感じがしてとても印象が悪くなります。「何よ、今さら!」みたいな。
礼儀正しい、紳士な男として、ここは勇気を出してメールを送ったほうがいい。
タイミングも、ちゃんと彼女の都合を配慮していて、内容もポイント高い内容ならきっと返事はくるはず。
内容については、後ほど説明するので、アドレスを聞いたら、基本次の日にメール!これは徹底してくださいね。

ポイント
・彼女からメールが来るのを待つのはNG
・基本的に次の日にメールを送ること
・送るタイミングは彼女の都合に合わせよう


返信する確率が上がる!1通目のメールを送る時の3つのポイント

最初の1通目のメールに、何を書こうか・・・。
悩む男性はすごく多いと思います。
特にこの1通目のメールは今後を左右する重要なポイントです。

できれば、爽やかに、これからもメールしてもらえるような印象を残したいところ。
だからこそ、きっと悩む男性も多いと思うんだけど。

実は・・・

ここを悩まなくてもいいように、必勝テンプレートを用意しました!
それを踏まえてメールを出してみてください。
きっとこれまでよりも良い反応が得られるはず。

ポイントその1
まず、題名は絶対に名前です。
自分の名前ですよ。相手の名前じゃないですよ(笑)

なぜかいうと、アドレスを交換したときに、相手が登録してくれてない可能性もあるからです。
登録してないと『誰!?』って思われるし、もしかしたら迷惑メールと一緒にされる可能性もあります。
だから、まずは自分の名前を書いておこう。

ポイントその2
で、本文なんですが。
アドレスを聞いた次の日にメールを送りますよね。
そこで、「昨日はアドレスを教えて頂いて有難うございます。」って、まずお礼を言う。
電話番号やアドレスを交換してくれたことに対して、相手に敬意を払います。

ポイントその3
その次に、その人とアドレス交換した時のシチュエーションを少し入れる。
「昨日なんかみんなすっごい飲んでたよね~。また今度飲みに行きましょう」
「いきなりボケたこと言ってゴメンね~(笑)ナイスフォローで助かったよ!」
「まさか同じCD持って人に会えるとは!すごく嬉しかったです。」
とか、彼女との会話を思い出して、その時のシチュエーションを書いておきます。

ここは大切で、感想は絶対にちょこっと入れる。
なぜかというと、相手がオモシロ半分だったり、ノリでアドレスを交換してる時は不特定多数の人と交換してることが少なくないからです。
特に、あなたがアドレスを聞いたくらいの女の子だったら、きっとステキな女性だと思います。
ということは、おそらく他にも3,4人とか交換してることもあるでしょう。
こうなると女の子自身が、どの男の子と交換したか忘れてる可能性も出てきます。

だから、「あの会話した人ね」って、女の子にちゃんと思い出してもらってからじゃないと何だか一人で盛り上がってる変な人になっちゃう。
女の人って誰か分からないと、不安だし面倒くさくなる。
で、メールを返さなかったり電話に出なかったりするものなんです。


なので、「もう1回ちゃんと思い出して」っていう意味を込めて、アドレス交換の時のシチュエーションを書いておく。なるべく印象的な部分ね。
この部分は分からない人が多いみたいで、アドレスを聞いたから友達になれるって勘違いをしちゃうんです。

だから、『自分だけが聞いてると思うな』って伝えておきたい。
自分が聞いたから、「よし!これでOK!!」ではないんです。
あくまでもアドレス交換は、スタートラインに立つか立たないかくらいだから。
そこでやっとコミュニケーションを取れる手段を手に入れたに過ぎないんです。
とはいっても、不安になることは何もありません。

これまで僕も沢山アドレス交換したけど、経験上。建前さえあれば、必ず1回は返ってきます。
でも、2回3回・・・って続けていくと、忙しくて返すタイミングがなくなってきたりするんですよね。
だから、すっごく大切なのが1回目のメール。
あなたがこういう人だって分かる内容で、しかも彼女に感謝が伝わること。
さらに彼女に、「あ、あの会話した人だな。」とか「この人なら安心出来るかな」って思ってもらうこと。

これらはとても大切な事で、ここからスタートしなければ続かないと思うんです。
メアド聞いて「また今度遊びましょうね」って言ったとしても、女の人っていつでも拒否するから(涙)
こういうことを踏まえた上で、僕のオススメ必勝テンプレートをお伝えします。

良いですか?ポイントは3つ。
・件名は名前
・アドレス交換をしてくれたお礼
・交換した時のシチュエーション


ここを忘れないでメールを作ってみてください。
上の3つのポイントを踏まえて自分で作ってみてください。
恥ずかしがらずに、あえて彼女がクスっとでも笑ってくれるような内容にしてみると良いかも。
あまり話ができなかったケースでも、それでもアドレス交換をしてくれてありがとう、という伝え方をすると、女性はキュンときます。

で、文章の長さは、せいぜい5~6行に留めておいてください。
あまり長過ぎるのも引かれちゃうし、短いと彼女も短い返事になるから、中身の無いやり取りになっちゃうよね。例えば「メール送ってみました~」なんてのはタブー。相手も返事に困るし。

あと、注意してもらいたいのが、『その人とアドレス交換した時のシチュエーションを少し入れる。』と言ったけど、これはみんなでワーっと話した内容じゃないですよ。ちゃんとマンツーマンで話した内容です。注意してくださいね。それも絶対にポジティブな話。

ちょっとでも彼女が盛り上がったところを、ちゃんと覚えて帰った方が良いよね。
例えば、自分が天然っぽい事とか、面白いことを言ったときに 「あの時変なこと言っちゃってすみませんでした~」みたいな。
ちょっとお茶目なことを入れるとポイントが高いと思います。
仮に失敗したとしても、その失敗を生かした方が良いです。失敗とか思わずに。
その女性がいじってくれたところとか。突っ込まれたところとか。
「僕ってちょっと天然なんですかねぇ」なんて弱ったところを入れたら、彼女も返信しやすいです。
「いやそんなこと気にしないでください」とか返ってくるだろうし。

女性と、ちゃんと10個の会話をやった後に必ず、一番盛り上がったシーンをしっかり覚えておいて、それをメールにしてください。

ポイント
・名前、お礼、シチュエーションは3点セット。必ず入れよう!
・失敗もポジティブに返せるとベスト。明るい内容に徹底しよう。
・次もまた、の締めを忘れずに。

このページの先頭へ