デートでの待ち合わせ!知っておきたい5つのポイント

よくあるデートの待ち合わせ風景だけど。
最近は大まかな場所だけ決めて、その日に携帯でやり取り、なんてことも多いと思います。

だけど僕はあえて、昔ながらの待ち合わせにこだわります。
なぜなら、会った瞬間、彼女と目が合った瞬間のドキドキを大切にしたいからです。
これが携帯で話をしながら「今このへん~」って探して「あー、いたいた」ってやると「来たー!!」っていうドキドキよりも「あ、見つけた」っていう安心感の方が大きくなっちゃいます。
せっかくこれから恋が始まるんだから、ドキドキしながら待ったほうが気持ちも高まります。

だから、ちゃんと何時にどこどこで待ち合わせっていうふうに、決めといたほうが面白いです。
でね、この待ち合わせなんだけど、意外と気にしてない人が多いんです。
まず、待ち合わせの時に絶対にやっちゃいけないタブー。

1.デートに遅れる
これはありえません。絶対にやってはいけません。
というのも、彼女が待ってる段階で、もしかしたら「待たせるなんて・・・」ってイライラが募ってるかもしれません。
そうしたら、会った時の第一印象がすでにサイアクです。
こんなにもったいないことは無い!!
せっかくのデートです。待ち合わせ時間の10 分前には最低でもそこに到着して、彼女をワクワクしながら待ちましょう。

「最初に何て声をかけるかな」とか「どんな格好で来るかな」とか、しっかり彼女のために頭を使って気持ちも使って待つこと。
彼女には、あなたがデートを楽しみにしていたと知ってもらわなくてはなりません。

なぜならその方が彼女も嬉しいからです。
きっとあなたが楽しみにしていたと知れば、彼女は「来て良かった」と思ってくれます。
だって、人に喜ばれることを嫌う人はいないですよね。
ですが、遅刻をしてしまうと、どんなに口では「楽しみにしてたよ」と言っても全く説得力がありません。
なので、デートに遅刻は厳禁。しっかり時間に間に合うように自宅を出てください。

2.彼女に気付かない、もしくは気付かないフリ
これもありえないです。必死でメールしてて気付かなかったり恥ずかしくて、彼女が見えてるのに気付かないフリをしてしまうとか。
これじゃ、最初からテンションが落ちてしまいます。
それよりは、彼女が来たときに「やあ!」って手を振るくらいはしましょう。
この会えた!っていう感動を大切にしてください。

3.すましてキザに振舞う
意外と勘違いしてる男性が多いんですが、カッコつけなくて良いです。
素直に笑顔で挨拶しましょう。
あなたがすました態度をとると、彼女もどうして良いか分かりません。
笑顔で挨拶すれば、彼女も笑顔で挨拶してくれます。それだけでもう、良い雰囲気になれます。
慣れないとぎこちない空気が流れやすいんです。
そしたら、せっかくのデートの印象が『疲れた』になっちゃいます。
こうなってくると次を誘ったときに、彼女が「疲れるから面倒だな・・・」と思ってしまいます。
だから、最初に柔らかい雰囲気を作っておくためにも、必ず笑顔で声をかけましょう。

4.どうしようもない電話や、人と会った時は・・・
やむを得ない電話や、取引先の重役にバッタリ会ってしまったとか、タイミング悪く後回しにできない瞬間もあると思います。
そういう時には、誠心誠意、彼女に謝るとして、なるべく手短に切り上げる努力をしましょう。
ここで謝るときに、かならず両手でゴメン、ゴメン、という仕草をしておくこと。
やっぱり、片手間に済ますんじゃなくて、本当に申し訳なさそうにしておこう。
そうすれば、彼女も大切にされてるって分かるし、彼女だって大人なんだからあなたの事情も分かってくれると思います。


5.彼女が遅れてきたら?
最初に書いたのとは逆に、彼女が遅れてきたならどうしたら良いでしょうか?
この時はちょっと注意が必要です。
いや、怒っちゃダメですよ(笑) そういう注意ではなくて、なぜ遅れたのかを少し推理しておくってこと。

もしかしたら、あなたとのデートに何を着ていくか迷ってて遅れたのかもしれない。
それならワクワクしていた証拠なんだから、笑って許してあげましょう。
彼女の格好を見て、ワンピースとか、パンツでもきちんとプレスしてあるものだったり、ちゃんとした身なりだったなら、おそらく気合を入れて来てると思います。

でも逆に、ジーンズに毛玉だらけとかシワシワのシャツとか、何か適当にその辺にあったものを急いで着てきたという感じなら、そんなに期待してたわけでは無さそうです。
ちょっと気合を入れなおしたほうが良いですね。その日のデートにかかってますから(笑)

それから、遅れるときに連絡をくれてたなら、かなり素敵な女性です。
しっかりしてますし、誠意のある女性といえるでしょう。
20分以上遅れるのに全く連絡もない女性なら、ちょっと考えたほうが良いです。

だから、こちら側が大人しく待つ時間は20分くらいって決めておきましょう。
それ以上遅れて、なおかつ連絡もないようなら、こちらから連絡をしてみましょう。
それから、彼女が少し遅れてきて「遅れてゴメン!」と走ってくるようであれば「俺も今来たばっかりだから良いよ。」と優しく言ってあげましょう。

プラス、息が上がってるようなら「大丈夫?そんなに急いでくれてありがとう」って気遣い。
それだけで女の子は「優しい人だな」って思ってくれます。
会った瞬間の雰囲気は、その後のデートを左右すると言っても過言じゃない。
「今日は楽しそう!」と思ってもらえるような雰囲気を作ること!

ポイント
・待ち合わせのワクワク感も恋の始まり
・デートに遅刻は厳禁。早めに来て彼女の到着を待ちましょう。
・彼女の遅刻には寛容に対応して男らしさを見せておこう。

このページの先頭へ