写メールでキモイと思われないために!嫌われない写メールを送る方法

喜ばれる写メというのは、その子の興味のあるものが良いと思うんです。
やっぱりその子と会話をしていたり、メールのやり取りをしていると、普段生活してても、街中でつい目が行きますよね。(※行かない方!もっと注意してくださいね!)

今まで聞いてなかったアーティストの曲が流れてる時とか、その子が気にしてた靴屋があった時とか写メ撮って「こういうヤツ?」って、さり気なく送ってみる。

で、その時のモテ術としては、自分はそこに何をしに行ったのか書いた方が良いよね。
例えばその子が「○○の靴が欲しいの」って言ってたとして、女の子の靴なんて、普通男の行く店にはないですから、女物の靴とか服とか写メする時には。
「俺○○(店名)の○階に用事があって行ったんだけど、ちょっとウロウロして。これ?」
みたいな。

何がしかのついでに、っていう感じで必ず書くこと!!
そうするといやらしくないです。それ目的で行ってしまうと、明らかに狙ってるパターンになっちゃうから、まだ親しくない女性の場合「そこまでしなくても・・・。ちょっと怖い。」と引かれてしまいます。

実際は狙って行ってたとしても、絶対に「何かのついで」という書き方にして下さい。
だから、他にも例えば
「○○(通り名)歩いてたら偶然見かけたんだけど、この前言ってたのこれ?」とか「同僚の女の子が持ってたんだけど、これ?」とか。
そうやって、“たまたま感”を出しておけば仮にその子から「違う」と返ってきても「あ、そう。残念」てサラっと流せます。

いきなり送られてくると怖いですよー!「私のために探し求めてるの!?」と思われるから。
“たまたま”とか“自分が何かがてら”というのが絶対に良いです。ついでに、みたいな。
もう付き合ってて「たまたまお前の誕生日だから」って言うと怒られるけど(笑)

付き合う前とか、まだ深くないときに「あ、この人気にかけてくれてたんだ」っていうのは嬉しいものです。
自分の存在感を残すというか。会ってないときに。
その時に、「こんなことしても喜ばないだろう」とか、「迷惑かな」とか考えるんじゃなくて、「彼女が喜ぶだろうな」と考えて、勇気を出して送ってみてください。

ポイント
・必ず「何かのついで」という書き方で送ること!
・「送ったら喜ぶだろうな」と思いながら自信を持って送ってしまうこと!


社会人の女性に電話をするときのベストな時間帯は?

女性に電話するには、2パターンあります。
1.メールのやり取りからその勢いで電話をする
2.いきなり電話をしてみる


まず1は、かしこまるんじゃなくて勢いで電話をかけちゃうパターン。

例えば彼女が「○○のお店、美味しいね~」なんてメールが来たなら、「その場所イマイチ分かんないんだよね。」という話に流れて「今度一緒に行って教えてもらえる?」ってサクっと誘ってしまうこともできます。
ただ、メールのやり取りからではなく、こちらからちょっと電話したい時もありますよね。
それが2のパターンです。

彼女が電話に出そうな時間帯に思い切って電話をしてみる。
でもね、意外とこの電話のタイミングがつかめないって人が多いみたいです。
そういう人は、多分もう一歩が足りてない可能性が高いです。

電話番号をゲットしたときに、「連絡いつして大丈夫?」って聞いておきましょう。
でね、その子に「比較的夜なら」って言われたときに、張り切って夜なら大丈夫だろうと電話するのは、意外に失敗する可能性が高いわけで。というのも、「夜って何時?」って話なんです。

あなたの思う夜って、何時くらいでしょうか?
僕は一般の人と比べて生活時間が2時間くらい遅いって最近気づいたんだけど(笑)
夜と言われると21時くらい?と思ってしまいます。早い人なら18時くらいから夜でしょう。
人によって、『夜』っていう概念が違ったりしますよね。

ですから、できるだけ連絡可能な“時間”をちゃんと聞けた方が連絡しやすいです。
これはアドレス交換したその場で聞けなくても、例えばその後メールのやり取りする中で聞いてみても良いし、メールする時間帯から彼女が暇そうな時間を割り出すこともできる。
だから、『夜』って言われたからといって、自分の思う夜の時間帯に連絡をしてしまわないように。
しても良いけど、仮にタイミングが合わなくても気にしなくて良い。
合わない時間にかけちゃったんだから。

「じゃ、時間を聞いておこう」ってきっとあなたも思ったと思うんですが、ここにももう一つポイントがあります。それは、聞き方です。
例えばね、ありがちな失敗としては「仕事は何時に終わるの?」「何時に家に帰るの?」という聞き方。
仕事が終わってからすぐ連絡が付くとは限りませんよね。
帰宅するのに電車に乗っちゃったら、電話は取れないですし、電波が通じない可能性もある。

じゃあ、男なら、家に帰った時間なら連絡ができると思いがちだけど、ちょっと女性の生活パターンを想像してみてくださいね。
女性って帰宅後の行動が大まかに2パターンに分かれるんです。

一つ目は、帰宅後、一通りメイク落としたりお風呂に入ったりして、一通りのことが終わってからゆっくりしたいタイプ。
このタイプは何よりもまず、サッパリしたいと思うので、帰宅直後に連絡が来ると落ち着かないです。あなたからの電話にイライラする可能性もあります。
そんな時に電話してもゆっくり話せないし、それこそバッドタイミングですよね。

もう一つのパターンは、寝る前にお風呂入るっていうタイプ。
このタイプだったら逆に、仕事終わってご飯食べたあとくらいが丁度いい。
むしろ、寝る前に電話しちゃうと、お風呂に入りたいのに・・・とイライラします。

つまり、同じ女性でもパターンによっては空く時間が違うんですね。
だから、ここを聞けると、かなりデカイと思う。「何時にゆっくり電話できる?」って。

家につくのが8時で、8時からの9時、10時くらいが暇なタイプと、そこから化粧落としたり何だの風呂入ったりして寝るまでの10時11時以降の方が良いタイプ。
だから、退社時間とか帰宅時間を聞くんじゃなくて、何時にゆっくりしているのかを聞けた方が、タイミングは合いやすいです。

「そこまで相手の都合を優先させるのか!?」と思っちゃった方、要注意です。
だって、ビジネスも同じですよね。相手の都合を考えるでしょう?
電話をしても、「今電話大丈夫ですか?」って言うと思うんです。
相手が一応気を使って電話をとっていることもあるから、この一言を言えたら、相手も「もう5分あとでも良いですか?」とか言いやすいと思うんです。

同じように、恋愛でも相手の都合が大切。
だから、第一声は「今電話大丈夫?」って聞いてあげよう。
もしそれでOKなら、ゆっくり話ができるし、逆にNOなら「ゆっくり電話できるの何時?」って聞いて、そこは電話切った方が良い。
その方が大人な感じがしますよね。ゆっくり喋れるかどうかっていうことを大切にしてる感じで。

どうせ同じトークして、力使って頑張るんだったら最大限に向こうに浸透する時間帯とか、パワーを向けられるときにやった方が良いと思うんです。
だから、相手がバタバタしていて片手間に電話取った時とか、一緒に慌てて用件を話そうとする男性も多いみたいなんだけど、それは避けた方が良いです。
だってそんだけさ、一生懸命勇気を振り絞って電話をするんだから向こうがベストな状態のほうが良いよね。

ポイント
・相手の話に乗っかってメールから電話に流れるのがやりやすい!
・電話できる時間帯を知ることも重要。
・第一声は必ず「今電話大丈夫?」という気遣いから!

このページの先頭へ