初デートで絶対に行ってはいけない場所とは?

デートの場所を間違えちゃうと、台無しになるんです。
よく雑誌なんかに必勝デートプラン!とかあるんだけど、もっとその手前の話ね。

これを読んでいる人はそれぞれ住んでる地域が違うと思うので、どこどこっていう話は書かないんだけど、一番やっちゃいけないのは
彼女のホームでデートすること
これだけは避けましょう。

なぜって、もし彼女が詳しい街でデートなんてしたら、「そこって、この道のほうが近いよ」とか「ここってあまり美味しくないよね」とか向こうの方が情報持ってたりするじゃない。
そんなところでもし、彼女が好きじゃない場所をあなたが何も知らずチョイスしちゃったら・・・。

「もーう、そこ美味しくないのに~~~」って、最初から彼女のテンションが激落です。
男がリードするって考えたときに、やっぱり自分のホームで遊べたほうが良いです。
初めて行く店はなるべく避けたほうが良いですね。当たり外れが大きい。
二人でおいしい店を発掘しよう!ってノリで、お初のお店に行くのもアリだけど。
それなら二人でドキドキワクワクできるから、けっこう刺激的なデートになると思います。

もし発掘気分で探索デートをするなら、お互いに知らない所に行って、「ここに何かあるよ、行ってみない?」とか、一緒に楽しんで街を歩いてください。
知ってる場所って、人間は合理化したいから、「何でこんなところ歩くの?」ってなっちゃう。
「歩いてたら何かがあるよ」ってならないでしょう。

普段行かない街を聞くって言うのも良いと思います。
ただし、万が一ハズレの店に入っちゃった時のフォローは重要です。
彼女のテンションも下がっちゃうと思うので、ここは盛り上げるために腕の見せ場だと思ってください。

例えば
「いや~、久々にモッサリしたパスタ食べたよ(笑)ある意味貴重な体験だった! 今度はもっと美味しい店に行こうね!」とか
「ちょっと、笑っちゃう店員さんだったよね~(笑)

大丈夫?お腹痛くない? ○○町にある和食屋さんは美味しいから今度一緒に行こうよ」とか。
あくまでもポジティブシンキングです!!
美味しくない、楽しくないことも共有して、一緒に楽しむという姿勢で挑みましょう。
むしろ、そうすると彼女は「不機嫌にならない良い人だな」って思ってくれます。
こんな時でさえ、ポイントアップのためにポジティブにいきましょう!

ただ、ハズレのお店からフォローして彼女のテンションを回復させる自信のない方は、素直によく知っているお店に行った方が良いでしょう。
もしくは、2回目3回目のデートに探検プランを組み込んでも良いと思います。
話が先に飛んでいますが、まずはデートに誘うときには彼女のホームにしないこと!
なるべく彼女の自宅からあまり遠くないところで、あなたが比較的よく知っていて、彼女はあまり知らないような場所がベストです。

ポイント
・彼女のホームでデートをするのはタブー。
・なるべく自分の詳しい場所だと案内もスムーズになる
・慣れてきたら探検デートもオススメ!


メールからデートまで97%で女を誘えた必勝術

僕が思う一番自然でスマートな誘い方をここではお伝えしておきます。
基本的に僕は、普通にそのまま「飯行こう」って言っちゃいます。
というのも、自分がアドレスを聞くってことは、食事に行きたい女性だから。
アドレスを聞いた時に「じゃ、今度食事ご一緒してもらって良いですか?」って、そこで決めちゃう。

そうしたら、次にメールするときも「この前ありがとう。いつぐらい暇なんですか?」って、
その時に2週間くらいの大まかなスケジュールを聞きます。
だって2週間くらいあれば、どこかで空いてる時間もあるでしょう。

「今週と来週どっちが暇ですか?」って聞いたなら、女の子からは。「来週の後半だったら」とか何か返ってくるでしょう。
今日聞いて、「来週のどこかで」ってスケジュールを聞けば、どこかは空くはずです。
聞いたなら、「じゃ、僕も来週この辺だったら大丈夫なんで、またタイミング合ったら行きましょうよ」とか。

あのね、あんまりアドレスを聞いてから誘うまでに、時間をかけすぎない方が良いと思うんです。
今日聞いて来週くらい。
そのくらいなら、がっついてる感はないですから。
意外とね、食事の話って流れちゃうことが多いですよね。
ましてや、番号交換するってことは、少なくとも可愛いってことですから。
そうすると、そこで他の邪魔が入るのは嫌だから、やっぱ1週間2週間で決めちゃうのがベスト。

だから番号聞いて、そこで2週間くらいのスケジュールを聞いてしまいましょう!
例えば「今月はちょっと忙しいから、来月の頭くらいだったら空きます」なのか。
そのような答えが返ってきますから。

逆に、大学生とかなら「実は来月試験があって」とか。
イベントがあるとか、ちょっと実家に帰るとか。
そういう時は「あ、じゃそれが終わったら。それくらいにまた連絡するね」って。
そう言えれば、あなたも立派な紳士です。

でね、この2週間くらいってわざとなんです。
2週間くらいだと相手もスケジュールが大体分かるし、決まってることが多い。
しかも、その2週間を聞くと、だいたいその用事の前後に何をしてるかとか、相手のサイクルも分かるし。
次の会話につながるものが聞けることも多いんです。

あとは、あまりにも相手が忙しくてデートまでに時間があいた時には、その間にメールをしておきましょう。
例えば、学生さんで「試験があるから3週間後くらいなら」ってなったときに、ちょっと時間があきますよね。
そんな時にはメールをしておくんです。

「試験頑張ってる?忙しいだろうから返信はいらないよ。終わったらメシ行こうね~。バイバイ」みたいな。
返信いらないって、あえて書くんです。
だって相手は忙しいんです。
だから、相手が言ってる「忙しい」っていう状況にちゃんと乗ってあげます。
ここが、二人が良いムードになるかどうかの分かれ目ですね。

仮に3週間後のデートが流れたとしても、こうして気を使っておくと「あの人、良い人だったな」っていうインパクトが残せます。
これが、次に誘った時のプラス要因になります。

逆に、しばらく連絡取らずに、3週間後いきなりデートに誘って「さあ!!どこ行こうか?」だと、
「この人他にも女いるのかな?」とか「慣れてるのかな?」って思われるか、「誰でも良いからとにかくデートがしたいんだ・・・」っていう印象になっちゃいます。
こんなふうに思われないためにも、ちゃんとデートまでの間に
「忘れてないですよ」「でも忙しいですよね」「だから返信いらないよ」
っていうことを伝えておいて、良い印象にしておきましょう。

でね、1回目は忙しいと思うから良いよ~って、さっき書いたような内容をおくります。
で、3週間後だと相手の熱が冷めてきちゃうかなって時もあるでしょう。
だからもう1回、デートの1週間前くらいになったら2回目のメールを送ります。
「もうすぐで試験終わりそうだね。頑張ってよ~」っていう感じで。

でね、ここでは2つのポイントがあります。
・応援する姿勢
・デートするよ、という釘になる言葉


この2つを上手く入れてメールを送っておきます。僕がよく使うのは
もうすぐで試験終わりそうだね。頑張ってよ~。僕もそろそろお店決めなきゃね。またね。
こんなふうに「お店決めるよ」って言っちゃう。
そしたら女の子も「あ、この人今から考えてくれてるんだ。これ断りづらいな」って思ってもらえる。

ただね、これはあくまでも理想形だと思うんです。だからまずは、基本形の
アドレスを聞く⇒1回目のメールを送る⇒メールのやり取りをする⇒1ヶ月以内にデートに誘う
この流れを実行していきましょう。

ポイント
・アドレスを聞いた時にその場で誘ってしまうのもアリ
・できれば2週間くらいの予定を聞けるとプランを立てやすい
・デートまでの間があく時にはメールを活用して印象アップ!

このページの先頭へ