キャバクラ嬢のプライベートにあなたとのデートの時間をうまくねじ込む方法

女の子によって、プライベー卜での生活スタイルは多種多様なものがあります。
「仕事終わりは家に帰って寝る」「友だちとカラオケに行く」「同僚と飲む」など、人それぞれの過ごし方があります。
そのような女の子の生活スタイルにスキを作り、あなたを「自然にねじ込む」方法もあるのです。

「自然にねじ込む」とはかなり矛盾した言葉ですが、適切な言葉を探しあぐねた結果、 このような表現になってしまいました(笑)
具体的には、その娘は普段どういう場所に行くのかを、会話の中で自然に聞きだし、 「なら〇日俺も誘ってよ、久々に〇〇したくてさ一」などとアピールしておくことです。
そう言っておくことで、実際に誘ってくれた場合は喜んで行けばいいですし、誘ってくれなかった場合でも、「この前誘ってくれなかったから、今度〇〇行こうよ」と弱みにつけ込むこともできます。

この方法は、ある程度親密になった女の子にしか使うことはできませんが、このサイトを読んでくださったあなたには無用な心配でしたね(笑)
女の子の『私生活』に、ドリルのようにあなたをねじ込む穴をあける。
このように、「女の子の生活スタイルに、あなたを入れるスキを作る」ことこそ、キャバクラ嬢を彼女にするチャンスです。

キャバクラ嬢の85%はデートで刺激を求めている

『店外デート』というのはキャバ嬢とデ一卜するということだけで、普通の恋人同士がする「デート」と何ら変わりはありません。
そのため、同じような場所にばかり行くとマンネリ化は避けられなくなり、「この人とのデートはつまらない」と思われるようになってしまいます。
そう思われてしまったら、「汚名返上・名誉挽回」は非常に難しくなってしまうのです。 何しろ、数回のデートでそのイメージが定着してしまっているわけですから、そのように根付いたイメージは中々変わりません。

また、女の子の85%は『刺激』を求めています。
キャバ嬢という仕事に就いたのはその典型的な表れですし、「刺激を求めている」から こそ『夜の世界』に飛び込んだのでしょう。
ましてや売れっ子嬢やベテラン嬢となれば、色々なものを見ているはずですし、求める刺激は並みの女の子以上でしょう。
そのためにも、あなたが「飽きさせないデート」を考え、実行していく必要があります 「大変だ一!」と思われるかもしれませんが、「彼女」にしてしまえば、 文字通り「こっちの物」です。
キャバ嬢を彼女にするためには、やはり相応の努力が必要だということですね。

このページの先頭へ