キャバクラ嬢と店外でデートをする目的は?

『店外デート』はアフター以上に「プライベート感あふれる2人だけの時間」なのです。
そのため、仕事の話はもちろんのこと、女の子の『キャバ嬢』としての姿も中々見ることはできません。
そもそも、あなたと「店外デートをする」ということは、「仕事よりもあなたとの時間を大事にしたい」という、女の子の意思の表れでもあります。 ですから、2人の距離がかなり近づいていることを示しており、女の子と付き合える日はそれほど遠くないでしょう。

つまり、そういった態度を表している『女の子』に対して、あなたもそれと同じように 「自然な姿」を出せば良いだけの話です。
人それぞれデートのプランを考えたり、「デート後はどうしよう」など様々な状況を想定することもあるでしょう。
あなたにとっては普通のことでも、それが女の子のためであれば、自然に「この人は私のことを考えてくれている」と感じてくれます。

また、「空回りばかりで失敗してしまった」ということもあるかもしれませんが、全く気にする必要はありません。
大切なのは何かを実現しようという心意気であり、それに向かってひたむきに努力し続ける「姿勢」なのです。
それもまた「自然な姿」の1つであり、あなたの一生懸命な姿は『女の子』の心を強く打つことでしょう。

『店外デ一卜』は、「女の子との距離を近づける時間」と同時に「その娘との距離を確認できる時間」でもあります。
その娘の良いところや悪いところ、一緒に過ごしていると様々な部分が見えてくるで しょう。
女の子の新しい部分を発見しつつ、今後付き合うに値する女の子であるかを改めて『値踏み』しましょう。

1回目のデートの時に2回目のデートの約束をする

例え『店外デート』を達成したとしても、その関係が『単発』で終わってしまっては、 何の意味もありません。
特に最初の店外デートは、次につなげるためにも、「この人とまたデートしたい」と強く思わせる必要があります。

第一印象が与えるイメージが、その後の関係に大きく影響するように、デートでも「初デ一卜で与えるインパク卜」はとても大切です。
2人にとって初めてのデートの内容は、今後のデートの方向性もおおよそ決まってくるからです。なので、常に変化するデートを心がけましょう。

話が大きく脱線してしまいましたが、本題に戻ります。
「第一デート印象」で良いイメージを与えることは、次のデートの約束を取り付けやすくすることに繫がります。
ですが、次のデートをより確実なものにするためにも、明確な日程を女の子に提示することを忘れてはいけません。

具体的には、デートの終わり頃に「今度どこいこうか?」「次はいつ空いてる?」など、 さり気なく次のデートもあることを匂わせておきましょう。
デート中に女の子が興味を示した場所をチェックしておき、「〇〇が好きなんだよね?今度面白い店探しておくよ」と言っておくのも良いでしょう。 デート中は、その店の情報を全く知らなくても何も問題はありません。
その場を適当にしのぎきれば、あなたの家には『インターネット』という最高の情報収集法があるのですから。
つまり、『確変』状態である「2回目以降のデ一卜がOKになりやすくなる」ことは、 『単発』である「第一デ一卜印象」と、「次のデ一卜の自然な誘い方」にかかっているというわけです。

このページの先頭へ