2回目のデートが確実になる!キャバクラ嬢に使える魔法の言葉とは?

ルーキー嬢はキャバ嬢であると同時に、「1人の女の子」でもあることは何度もお話してきました。
ですが仕事中は、そのようなことを考えられる時間はありませんし、お客さんにもそう考えてくれる人が中々いないのが現実です。

遊び方を心得ている『お客さん』であればなおさらですよね、ほとんどの場合彼らは キャバ嬢を「1人の女の子」として見ません。
なぜなら、彼らは言うなれば「キャバクラ上級者」であり、「キャバクラは擬似恋愛を楽しむ場である」ことを十分に理解しているからです。

では、たとえ『店内』であっても、「魔法の言葉」は効果的なのでしょうか?
残念ながら、いくら『魔法』でもそれは全く効果的ではありません。
なぜなら、「店内では『お客さん』として存在しているため、その状況で発した言葉には真実味が出ない」からです。

では、どのタイミングで言うのがべストなのでしようか?
そのタイミングとは「初めての店外デート後」です。
店に通うことから始まり、アフターをこなしていき、店外デートに誘ったあなたが、 「〇〇ちゃんは『1人の女の子』として一緒に居て楽しい」と言うからこそ、その言葉に真実味と重みが増し、女の子の心に非常に強く響きます。
それは、単なる口先だけだったセリフが『魔法の言葉』に昇華する瞬間でもあります。

1人の女の子』というキーワードが大切で、その娘に対してあなたが「キャバ嬢として見ていない」ということを、シンプルに伝えることになるからです。
面と向かって言うのが恥ずかしいようであれば、メールでも構いませんし、必ず初デ一卜後にはその日の感想、この『魔法の言葉』を一緒に付け加えておきましょう。
あなたの存在を高めてから次のデートの話を切り出せば、2回目以降のデートは決定したも同然です。

デート中に下心は出すな!まずは付き合うことを目標にする

よくここまで自分を押さえつけ、『欲望』を我慢しましたね。
あなたの強靭なその精神力は、とても素晴らしいものがあります。
ですがその状態を今一度維持し、あとほんの少しだけ我慢しましょう。
ここで下手に下心などを見せてしまっては、今まで「投資したお金」と「積み上げた親密度」が全て水の泡になってしまいます。
もちろん、下ネタが大好きな女の子の場合は、下心を見せまくったとしても全く問題はありません。

しかし、それはそういう娘の場合に限りますし、「普通の女の子」であれば、それは付き合ってからの話になります。
ここまで築き上げた『女の子』との関係を放棄し、全てを水の泡にするくらいならば、ほんのちょっぴりだけ我慢して、『欲望』を開放させたほうがどれだけ良いでしょうか。
狙ったルーキー嬢と付き合える日は、確実に近づいているのですから 下心を出すのは、その娘との関係が確実なものになってからでも遅くはありません。

このページの先頭へ