お客とキャバ嬢という関係から男女の関係になるために

ここまで読んで頂き、行動してきたあなたであれば、あと残すは『告白』のみです。
これを成功させた瞬間から、あなたとキャバ嬢の関係は「男と女」の関係に昇華させてくれます。
今まで積み上げてきたものも、このときのためであると言っても過言ではありません。
ここでは告白成功率を大幅に高める『告白の極意』を解説していきます。 以下のようなシチュエーションで告白すれば、女の子の心を射止めることが可能となるでしょう。

告白に利用できるレストランの条件は?

『告白』するにしても、やはり人それぞれのやり方というものがあります。
そのため、「店内での告白は気が引ける」「アフター店は告白の雰囲気じゃない」ということも十分に考えられます。

そういった場合は、事前に告白する店をリストアップしておきましょう。
そのような『告白店』であれば、「お酒がある」「雰囲気が良い」などの要因が挙げら れます。
これらの条件を満たす飲食店と言えば、「居酒屋」や「バー」です。
お酒が入ると思考が鈍りますし、さらに雰囲気も良いとなれば、告白が上手くいかないはずがありません。
できるだけ女の子を酔わせ、心のガードを崩してから、「堂々とシンプル」に告白しましょう。
ただし、女の子はどれだけ酔っても問題ありませんが、あなたが酔ってしまうと本末転倒になってしまいます。
それがどんなに本心であっても、あなたが酔って告白してしまえば、女の子には「酔っているから言えたセリフ」と捉えられてしまうのです。
お酒は自分を勇気づけるために気付けする程度にし、最高の雰囲気の『告白店』で、酔った女の子に「卜ドメの一言」を言ってあげましょう。

告白のタイミングは?どこで告白する?

今までじっくりと読んで下さった方ならば、アフターでも店外デートでも利用したであろう『アフター店』。
ここまで実践して頂くと、アフター店の利用価値の高さがさらに身に染みてくる頃でしょう。

そもそも、『アフター店』は2人がゆっくりと距離を近づけていった場所、言いかえれ ば「2人の思い出が詰まった場所」でもあります。
そのような思い入れがある場所ならば、告白の成功率が高くなるのは必然と言えるのではないでしょうか。

今までアフター店を利用し続けたならば、現状では2人にとっての「共通の場所」になっているはずです。
当初のように、どちらか一方が「アウェイ感」を感じることはなく、お互いにとって過ごしやすい場所に「育っている」ことでしょう。
『アフター店』の育成は、「告白に対して非常に効果を高める場所を作ること」と言っても過言ではありません。

ただし、やはりタイミングや雰囲気は非常に重要です。
告白は「夜もふけたころ、照明でライトアップされた店内」などが良いでしょう。 このような細かい部分に気を遣うことによって、告白の成功率はさらに高まります。

告白が苦手!そんなあなたはイベントの日に告白しよう

「誕生日」や「バレンタインデ一」などの日は、非常に告白しやすい雰囲気になります。 そのような『イベント』は、店内でも女の子がコスプレをしたり、追加サービスがあったりと、店ごとイベント仕様になります。

店内の雰囲気自体がガラリと変わるとなると、そのシチュエーションを逃す手はありません。
今まで一歩一歩進んできたあなたならば、告白は十中八九成功することでしょう。 自分が今まで『女の子』にしてきたことを信じて、今こそ「お客さんとキャバ嬢」の関係を抜け出し、『彼氏彼女』の関係になリましょう。
恥ずがしがって自信なさげに告白してはいけません、 「堂々とシンプル」に告白すれば、その言葉は『女の子』の胸を強く打ちます。
イベン卜日を『2人の日』にするため、あなたの全てを出し切りましょう。

キャバクラ店内での告白はあり?それともなし?

店内での告白は、これまで『アフタ一』や『店外デ一卜』で二度にわたって述べてきたように、やはり「最強の方法の一言に尽きます。
メリッ卜は女の子の「逃げ場をなくす」ことと、「自分の領域だからこその油断」を突けることです。

デメリットは、『店内』で告白するため、「一人の男としてOKしてくれたのか、お客さんとしてOKしてくれたのか分かりづらい」ところです。

僕は以前、店内で告白することによって、見事に幸せを掴むことができました。
直感で告白しようと決心したのは、直感で「タイミングはここしかない」と感じたからです。
というのも、その日は女の子の『誕生日』でもあったのです。

あるルーキー嬢Yちゃんは、週1度くらいのペースで店に会いに行くだけの仲でした。 ですが、お互いに話が会うということもあり、よく連絡を取り合うようになっていったのです。
アフターも行きましたし、お互い時間が空いているときには、Yちゃんと店外デ一卜する日もありました。

僕としては、普通の『女友達』として接していましたし、Yちゃんも同じ考え方をしていたと思います。
もともとは、その娘から「誕生日の日にあなたとと一緒に過ごしたい」というメールを貰ったことが始まりでした。
今思えば営業メールの可能性もあったのですが、そのときの僕はそんなことは気にしていませんでした。

ただそのとき、「Yちゃんのことが女の子として好きだ」ということに気づかされたのです。
そしてただまっすぐに、「今日告白しよう」ということだけを考えていたのです。
その日は夜まで雀荘の仕事がありましたが、何とか早めに切り上げ、走って走って午前0時ギリギリにYちゃんのお店に滑り込みました。
そしていざ帰る時間が近づいてきたとき、
「Yちゃんのことが一人の女の子として好きです、彼女になってください」という小学生並みのシンプルさとス卜レー卜さで告白しました。
すると、「今までの下積み」と「特別な日」であることが幸いしたのか、なんと「いいよ」とOKをもらうことができ、無事に付き合うことができたのです。

後でY ちゃんに聞いてわかったのですが、「特別な日にちゃんと来てくれたことと、その必死さが女の子として胸を打った」ということがわかりました。
さらに詳しく聞いてみたところ'意外にも店内での告白は成功率が高く、男女の付き合いに発展するキャバ嬢が多いことも判明しました。
「店内での告白って斬新すぎるでしよ(笑)まあ、その後の関係を作るのはわたしたち次第だよね」
とも言われましたが、『店内告白』の効果の高さを実感した瞬間でもありました。

新人キャバクラの落とし方について執筆した経緯

星の数ほどもあるキャバ嬢関連のブログ、ウェブサイトがある中を当サイトを読んでいることを、 大変嬉しく思います。
さて、当サイトはキャバ嬢という仕事を始めて間もない、『ル一キ一嬢』をタ一ゲッ卜にした落とし方を述べてきました。

あなたは、見事に狙った『ルーキー嬢』を落とすことはできたでしょうか?
あなたの「女の子と付き合えた!」という声が、僕にとっての何よりの喜びです。 その声を聞くことができたなら、長い時間をかけて当サイトを執筆した甲斐があるというものです。

「売れっ子嬢やベテラン嬢を簡単に落とす方法はないの?」と聞かれたら、僕は迷わず 「ノー」と答えます。
たとえ簡単に落とす方法があったとしても、百戦錬磨のキャバ嬢を落とすことよりも、 『ルーキー嬢』を落とすほうがはるかに効率的ですし、何よりもとても簡単だからです。

キャバ嬢を落としたいという人の中には、このように「間違ったお金の使い方」をしている方が非常に多く見られます。
言うまでもありませんが、落とせないキャバ嬢にいくらお金をつぎ込んだところで、「一時の快楽のためにお金をドブに捨てている」ようなものです。
そんな方々のために、当サイトを執筆しようと考えついたのです。

当サイトを通じて、僕の主張があなたに伝わっていれば幸いです。
見事に『ルーキー嬢』を落とすことができたなら、あなたの煮るなり焼くなり好きなようにしてください(笑)
そして、『1人の女の子』との最高の時間と夜をお過ごしください

このページの先頭へ